マタニティの喪服¦イザというときに困らない喪服&弔事小物のマナー

服・弔事小物のマナー

マタニティの喪服



「妊婦はお葬式に参列してはいけない」と言われているのをご存知ですか?「邪気がお腹の赤ちゃんを連れて行ってしまう」「どうしても参列せざるを得ない事情の場合は、鏡の光った面をお腹につけて、邪気を跳ね返すようにするべき」そんな迷信があります。
迷信についてはさておき、おそらく妊婦の心身の状態のことを考えたうえで、余計な負担を背負わせないための昔の人の配慮とも言えるのではないでしょうか。
あくまで迷信ですので、気にする必要はありませんが、中にはお祝いの象徴のような立場である妊婦は、出席を控えるべきという慣習の地域・家庭もありますので、参列する際にはそれとなく周囲に状況を確認してみると良いかもしれません。

妊婦が葬儀に参列する際は、専用のマタニティ喪服を用意しても良いのですが、1回しか着ない場合は黒のマタニティワンピースでも大丈夫です。ただ、遺族の立場になった場合にはマタニティ用の喪服を準備したほうが良いですよ。

共同企画商品のご紹介

アイディア商品を企画・制作しているコジットさんとの共同企画商品をご紹介します!

バッグカバー

バッグカバー.jpg

イザというときに、さっとかぶせるだけで普通のバッグが弔事用に変身!

フォーマルジャガードバッグ

フォーマルジャガードバッグ.jpg

とにかく使いやすい自信の逸品!折り畳み傘もすっぽり入る大きさ。大きく開くので、取り出しもラクラク。肩にもかけられるので、焼香や献花をする時にも便利です。

フォーマルレース手袋

022355_zz05.jpg

派手なネイルでもこれがあれば安心!指先3本が簡単にはずせるから、焼香もスマートにできます。スマホの操作にも便利です。