参列者の喪服¦イザというときに困らない喪服&弔事小物のマナー

服・弔事小物のマナー



参列者の喪服



最近の通夜では参列者も喪服を着ていることが多いのですが、本来の通夜の意味を考えれば喪服でなくてもシンプルな色の服装であれば失礼にはなりません。不幸を予測していた印象にならないように、あえて平服で行くべき、またはどこか1点は着崩したほうが良いという意見もあります。

【男性】

■洋装

喪服に準じた服装にする場合(略礼服)は、ブラックスーツとなります。ダブルでもシングルでもかまいませんが、スリーピースならベストも黒に統一しましょう。ワイシャツは白、ネクタイは黒無地でタイピンはつけません。ベルト、靴下、靴は黒。靴はフォーマル仕様で紐付きの方が良いでしょう。



【女性】

■洋装

喪服に準じた服装にする場合(略礼服)は、黒のフォーマルドレスを着用。ボタンやレースなど装飾品がシンプルで、襟のつまったデザインを選びます。夏は肌の露出度がアップしますので、特に気をつけましょう。袖は五分丈以上が無難ですが、ない場合は半袖で。ノースリーブやフレンチスリーブは避けます。

遺族としたの立場なら、ツーピースより格上のワンピースかアンサンブルスーツが良いのですが、参列者であればツーピースやパンツスースも可。遺族より格下という意味でワンピースやアンサンブルスーツはあえて避けたり、”平服”を意識してストッキングをベージュにする人もいます。
バッグ、靴、ストッキングも黒で統一します。ラメ入りや光り物は身につけないように。


【子供】

学校に制服があれば制服着用。制服がなければ黒、紺、グレー系の洋服を選びましょう。

共同企画商品のご紹介

アイディア商品を企画・制作しているコジットさんとの共同企画商品をご紹介します!

バッグカバー

バッグカバー.jpg

イザというときに、さっとかぶせるだけで普通のバッグが弔事用に変身!

フォーマルジャガードバッグ

フォーマルジャガードバッグ.jpg

とにかく使いやすい自信の逸品!折り畳み傘もすっぽり入る大きさ。大きく開くので、取り出しもラクラク。肩にもかけられるので、焼香や献花をする時にも便利です。

フォーマルレース手袋

022355_zz05.jpg

派手なネイルでもこれがあれば安心!指先3本が簡単にはずせるから、焼香もスマートにできます。スマホの操作にも便利です。