遺族の喪服¦イザというときに困らない喪服&弔事小物のマナー

服・弔事小物のマナー



遺族の喪服


通夜は臨終の時の看病の延長とも言われ、なんとか生き返って欲しいという願いも込めて、生きているときと同じように食事を出したり、夜を徹して一緒に過ごすものでした。本来の通夜の意味からすれば、遺族は喪服を着る必要はないのですが、最近は通夜に参列者が集中する傾向があり、喪服を着る参列者が多くなったため、遺族も合わせるようになってきました。

【男性】

■洋装

正装はモーニングコートですが、モーニングコートは日中にしか着用できませんので通夜時はブラックスーツとなります。ダブルでもシングルでもかまいませんが、スリーピースならベストも黒に統一しましょう。ワイシャツは白、ネクタイは黒無地でタイピンはつけません。ベルト、靴下、靴は黒。靴はフォーマル仕様で紐付きの方が良いでしょう。

■和装

羽二重などの黒無地染め抜き五つ紋付きの着物と羽織に、仙台平の袴を着けます。襦袢は羽二重の白かグレー。足袋は白か黒で草履は黒の鼻緒にします。
すぐに用意ができない場合は、葬儀社で着付けがセットになってレンタルができます。

【女性】

■洋装

黒のフォーマルドレスを着用。ボタンやレースなど装飾品がシンプルで、襟のつまったデザインを選びます。夏は肌の露出度がアップしますので、特に気をつけましょう。袖は五分丈以上が無難ですが、ない場合は半袖で。ノースリーブやフレンチスリーブは避けます。遺族としたの立場なら、ツーピースより格上のワンピースかアンサンブルスーツが良いでしょう。バッグ、靴、ストッキングも黒で統一します。ラメ入りや光り物は避けて。

■和装

黒無地染め抜き五つ紋付きに黒無地の丸帯が正式です。着物生地は羽二重か一越ちりめん。夏は絽になります。羽織は着ません。草履、帯揚げ、小物は黒で統一し、足袋と襦袢は白にします。

【子供】

学校に制服があれば、それが礼服になります。制服がなければ黒、紺、グレー系の洋服を選びましょう。

共同企画商品のご紹介

アイディア商品を企画・制作しているコジットさんとの共同企画商品をご紹介します!

バッグカバー

バッグカバー.jpg

イザというときに、さっとかぶせるだけで普通のバッグが弔事用に変身!

フォーマルジャガードバッグ

フォーマルジャガードバッグ.jpg

とにかく使いやすい自信の逸品!折り畳み傘もすっぽり入る大きさ。大きく開くので、取り出しもラクラク。肩にもかけられるので、焼香や献花をする時にも便利です。

フォーマルレース手袋

022355_zz05.jpg

派手なネイルでもこれがあれば安心!指先3本が簡単にはずせるから、焼香もスマートにできます。スマホの操作にも便利です。