喪服・弔事小物のマナー|イザというときに困らない喪服&弔事小物のマナー

服・弔事小物のマナー

喪服のマナーは難しい?

「喪服のマナー・作法は難しい」とよく言われています。たしかに、各家庭ごとの考え方による違い、地域による違い、さらに昔と現在では少しずつ変化していることもあって、「こうしなければいけない」というルールが明確ではありません。

大切なことは『相手を思いやる気持ち』 

弔意を服装で表現することはとても大切なことです。自分ができる範囲で、精一杯の気持ちを服装で表現してみましょう。

実際に「葬儀」「お墓」「仏事」の現場に数多く携わってきた視点で、喪服・弔事小物のマナーを解説します。

共同企画商品のご紹介

アイディア商品を企画・制作しているコジットさんとの共同企画商品をご紹介します!

バッグカバー

バッグカバー.jpg

イザというときに、さっとかぶせるだけで普通のバッグが弔事用に変身!

フォーマルジャガードバッグ

フォーマルジャガードバッグ.jpg

とにかく使いやすい自信の逸品!折り畳み傘もすっぽり入る大きさ。大きく開くので、取り出しもラクラク。肩にもかけられるので、焼香や献花をする時にも便利です。

フォーマルレース手袋

022355_zz05.jpg

派手なネイルでもこれがあれば安心!指先3本が簡単にはずせるから、焼香もスマートにできます。スマホの操作にも便利です。

PR

小さなお葬式